納豆ねばねばダイエットで燃えやすい体になろう!!

ダイエット

食べて痩せようをコンセプトに、
納豆ダイエットをお薦めしております。

納豆には、
ビタミンB群が豊富に含まれております。
ビタミンB群は、糖や脂を
効率よくエネルギーに変換してくれるため、
結果として、
脂肪をためにくい体にすることができます。

タイトルにあります、
「ねばねば成分」ですが、
ナットウキナーゼと呼ばれるものになります。
あ!聞いたことあるーーーって
感じる方も多いとは思いますが、

このナットウキナーゼは、
血液をの流れをスムーズにする働きがあります。
その結果として、代謝が進み、
ダイエット効果を促進することができます。
このように、納豆は、
日本が誇る文化的なスーパーフードなのです。

また、健康的に痩せるためには、
「筋肉量」が非常に大事な要素になります。
ただ、なんとなく貧相でもいいから
痩せこけたい人というのは、
あまりいませんよね?

納豆には良質なタンパク質が含まれており、
また、ミネラル成分の亜鉛も含まれております。
筋肉を維持しながら痩せやすい体作りを
するという観点からもお薦めです。

納豆は食物繊維も多く含んでいるため、
食べ過ぎを防ぐことができます。
いわゆる、食べた感があり、
過食を防ぐことができるんですね。

と、ここまで書いてきた内容を
振り返ってもいいことだらけの
完璧食材の納豆。
ちょっと納豆が苦手でーーー。
って言ってるのがもったいないくらいですね。

食べた感が非常にある納豆なので、
普段のご飯(白)の量を減らして、
その分納豆を増やすことを
やってみると良いでしょう。
味に飽きてしまうという人は、
色んな味を試してみると良いと思います。

だし醤油は基本ですが、
ハバネロでアクセントを加えてみたり、
食べるラー油を少しだけかけたり(かけすぎ注意)
キムチを混ぜ合わせる、
カレー粉をまぶしてみるのもお薦めです。
ご飯の時以外で納豆を食べるタイミングですが、
お腹が空いてしまった時、
で良いかと思います。

間食で納豆を1パック食べる。それだけです。

食べる系の色んなダイエットは試してみましたが、
お腹にたまらない食べ物は結局
空腹感に負けてしまって、
他のものを食べてしまいます。
腹もちの良い納豆ダイエットは、
間食しても、太りにくく、
タンパク質を摂取しつつ、
夕食までお腹がすかずにもちますので、
非常に便利ですね。

ちなみに、
納豆には、1パックの中に、
牛ロース45g分のタンパク質が含まれています。

え?そんなに沢山含んでるの?
って驚かれる方いると思います。
置き換えるとリアルに分かりますよね。

牛ロースを45g摂取するのは、
結構実は大変です。
何より値段高いですしねーーー。

納豆は、摂取する手軽さ、
そしてかかるコストの面から考えても
とてもお薦めなダイエット食材です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました