苦いからこそ効果あり?青汁ダイエットで痩せよう

ダイエット

青汁は苦くて飲みづらいから嫌だ!

そんな人も多いですよね?私もどちらかというと苦手です。

しかし、苦い青汁だからこそ?栄養があり、ダイエットにも
効果があるとされています。

ここでは青汁ダイエットの効果や栄養がどれだけあるか紹介していきます。

<青汁ダイエットの効果とやり方>

青汁ダイエットのやり方は簡単です。

食事の前に青汁1杯(200ml)を飲めばいいだけなのです。

食事前に飲むと空腹感が満たされ食事の摂取量が減ります。

減る分カロリーを摂る事もないので徐々にではありますが、
ダイエット効果があるわけです。

また、青汁には食物繊維が豊富に含まれており、
この食物繊維は便通を良くします。

便通が改善されれば腸内環境が整いますし、栄養もしっかり吸収される事から
ダイエット及び健康効果にも期待出来るというわけです。

他にダイエットの邪魔になるのが睡眠不足です。

ストレス等で睡眠不足が続くと自律神経が乱れやすく、
ダイエットをしていても効果が薄いです。

青汁の主原料となるケールには睡眠を促す「メラトニン」という
成分が含まれています。

本来夜になるとメラトニンが分泌されるのですが、ストレスや睡眠不足が
続くと分泌されにくくなりますので、青汁を飲み睡眠不足が緩和されると
ダイエットにも影響が出てきます。

青汁を飲む際に、市販されているのでも効果はありますが、
自分で青汁を作る事もオススメです。

ケール等は入手が難しいので、簡単な物で作るといいでしょう。

キャベツ、小松菜、水菜、ほうれん草、ブロッコリー等の青野菜を
入れミキサーがあればミキサーにかけましょう。

少し飲みにくい場合は牛乳を入れたり、レモン果汁を入れて
飲みやすくするのもいいですね。

<青汁ダイエットの注意点>

青汁を飲めばいいダイエットではありますが、
注意する点も見逃してはいけません。

まず、飲み過ぎには注意して下さい。ダイエット効果があるとは言え、
食物繊維を摂りすぎてしまうとお腹が緩くなり下痢になる場合があります。

腸内環境を整えてくれるはずの食物繊維も摂りすぎはNGです。

もう一つは市販の青汁にありがちなのですが、飲みにくい事から
甘くしている商品もあります。

砂糖や人工甘味料を使用しているので、摂り過ぎると糖質を多く
摂る事になるので、太りやすくなります。

<まとめ> 青汁は苦くて飲みにくいかもしれませんが、
ダイエットに効果は抜群です。健康の事も考えこれを
機会に毎日の食事に取り入れてみるのはどうでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました