みずほ、三井住友、UFJや地方銀行が導入予定の口座維持手数料 免除や回避の方法は?

生活

今回はさまざまな意味で注目を集めている
“口座維持手数料”なるものに関して、ご紹介いたします。

私たちの身近にあるお金·銀行、それにかかわる口座。

口座維持手数料というものが実際、 私たちの生活に
どのように影響を及ぼすのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

口座維持手数料とは?

口座維持手数料とは、文字通り、銀行に口座を持っている、
ただそれだけで、かかる手数料のことを指します。

すでに海外の銀行では、導入されているところもあります。

日本でも今後マイナス金利がさらに進んで、
金融機関の収益環境が一段と厳しくなった場合には、
口座維持手数料の導入が検討されていく可能性もあります。

なぜ口座維持手数料が導入されるのか?

なぜ、導入が検討されるのか。

現在、日本は「超低金利」が続いています。

その結果、預金者の利息も低く抑えられている状態です。

もし仮に、口座維持手数料が現実のものとなった場合には、
人によっては銀行からもらう利息よりも手数料のほうが高い、
預けているだけで損をしてしまうといった可能性がでてきます。  

どんな背景が?

いったい、口座維持手数料導入の背景には何があるのか。

現在、銀行にとって銀行の役割を果たしている日本銀行は、
マイナス金利となっています。

ということは、銀行は日本銀行にお金を預けると
利息をもらえるわけではなく、逆にお金を払っているような状況。

そのうえ、銀行を取り巻く経営状況も厳しくなっている。

その1つに挙げられるのが、やはりネット銀行の台頭です。  

ネット銀行は駅前の一等地に支店を出す必要もなければ、
窓口で1人ひとりのお客さまに対応するといった業務も、
基本的には必要がありません。

従来の銀行ではこういった業務のコストが、
ちょっとずつ重しになってきているのが現実となっています。

そこで、いよいよ目を向けられたのが、私たちの銀行口座です。

1つの口座を作る場合、データ管理や通帳の印紙税などで、
1つの預金口座で年間2,000円から3,000円のコストがかかるといわれています。

そのため、収益が厳しい銀行としてはこのコストを
手数料として一部負担してもらいたいということなのです。  

実際わたしたちが受ける影響は?

では、預金者である私たちは、
実際にどのような影響を受けるのでしょうか?

現在、普通預金の金利が0.001%として、
10万円を1年間預けても、利息1円という計算になります。

そのうえ、いくらかの銀行口座を持っている場合はどうでしょうか?

実際に預け入れている金額にもよりますが、
利息として増えるお金より、 口座維持手数料として
取られるお金が多い場合も出てきます。  

口座維持手数料はいつから、どれくらいかかるのか?

実際に気になる口座維持手数料の導入時期や手数料ですが、
どこの銀行も正確な導入時期に関してはまだ発表していません。

口座維持手数料の議論の口火を切った、三菱UFJ銀行出身で
日銀の審議委員を務める鈴木人司氏は八月に熊本市で行った講演で、
マイナス金利で悪化する銀行の収益を改善するため

「金融機関が預金に手数料を課すことも考えられる」

と発言しています。  

また、みずほ銀行の藤原弘治頭取も十月の本紙の取材に

「口座維持手数料にかかわらず(手数料の設定は)常に研究している」

と、検討を認める発言もあります。  

さらに、全国銀行協会の高島誠会長(三井住友銀行頭取)は、
9月19日の記者会見で、記者の質問に対し

「預金口座は、キャッシュレスも含めたさまざまな決済等にも
利用されており、
口座を維持·管理するために一定のコストが発生している。
かつ、昨今そのコストが高まっている」

と答えました。

その上で、

「お客さまに対して付加価値の高いサービスを提供し、
お客さまのご理解をいただいたうえで、必要な手数料を
頂戴していくということが、
引き続き基本的な考え方」

と述べています。

現在、あらゆる銀行が口座維持手数料を検討してはいるが、
導入の第一号となることを、どの銀行も牽制して見える状態です。

ただ、銀行の経営状態も厳しい状態が続きますので、
いつ導入が始まってもおかしくない状態なのかもしれません。

口座維持手数料を免除、回避する方法はある?

口座維持手数料の導入が実施されれば、
必ず全員が手数料を払わなければいけないのでしょうか?

免除・回避する方法があるのでしょうか?

この口座維持手数料というのは、
海外ではごく当たり前にある一般的な手数料です。

その手数料が無料になる条件もしっかり設けられています。

日本の銀行も口座維持手数料を免除できる条件を、
作るのではないでしょうか。  

海外の場合は

  • 一定以上の預金残高がある(10万円以上など)
  • 入金額が一定以上ある(給与受け取りなど)

口座維持手数料を免除・回避するには、
この条件をクリアする必要があるようです。

日本の銀行もこのような条件を設定する可能性が高いので、
現在放置している口座、休眠口座があるならば
早めに解約しておいた方がよさそうですね。

Twitterの声

 

銀行口座、口座維持手数料とかとられだしたらしんどいなあって
ゆうちょは絶対に口座維持手数料を取る方向にはいかない。お年寄りの顧客が離れる。メガバンは基本、預金金額が少額の個人は要らなくて、将来的には個人はゆうちょとネットバンクに流れるんだろう。地銀が個人客のサービスを向上させれば、ワンチャン地銀が復興するかも。
銀行が、口座維持手数料導入の方向に進んでいるけど、メイン銀行以外は、証券会社に口座を開いて、株とか投資信託とか買わずに預かり金へ入れておく方法もある。一度銀行口座に移さないと現金が出せないので、証券会社とメイン銀行の手数料については確認が必要。破綻時証券会社も最悪1千万までは保護
残高0になって口座維持手数料払わないまま放っておいたら借金になるんか?

三菱UFJ銀行
・来秋以降新規で口座作ったひと
・2年入出金なし
・→口座維持手数料発生

「口座作って2年放置して口座維持手数料発生した!!」

→って確かめるオタクが出現

銀行は手数料で儲けている。ATMは人件費削減されてるんやから手数料がかかるのはおかしい。低金利のくせに口座維持手数料なんてがめつい。粗品をよこせ。銀行は社会的に必要な機関であり市役所と一緒なんだから公務員と同じように給料を抑えて客に還元すべき。今言われたクレームですご査収ください。

日本でもいよいよ導入かも(゚ρ゚;
預金講座1つあたりのコストは
2000~3000円💦
だからコストを一部
負担して欲しいらしい😐
金利が0.001%とすると
10万円預けても利息は1円
預ければ損するという可能性も🤔
タンス預金が
増えそうだべさ😅
マイナス金利の副作用🤤

まとめ

給与の振込みや、各種支払いなどで預金口座とは
私たちの生活に必要不可欠といってもいいものとなっています。

そんな銀行口座を維持する為に手数料が必要になれば、
少なからず私たちの生活に影響は出るでしょう。

ただ、海外の銀行が導入しているように、
遠くない将来日本でも 本格的な“口座維持手数料”の
導入が始まることは間違いなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました