ブタさんがかわいい!飼い方と原宿や目黒など関東のマイクロブタカフェのおすすめ3店!

動物

マイクロブタとふれあえることができる
mipig café(マイピッグカフェ)が、
20191118日に原宿・竹下通り近くに
オープンしました。

201931日に、1号店である「mipig café」(目黒本店)
がオープンしており、半年で来店者
3万人を突破しました。

連日予約で満席になってしまったことと、
マイクロブタのペットとしての価値を伝えるため、
原宿店をオープンすることになったそうです。

マイクロブタは、ペットとして需要があるようですね。

イギリスのセレブにも、人気があるそうです。

マイクロブタについてと、飼い方、
おすすめのマイクロブタカフェをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

マイクロブタとは

 

マイクロブタとは、40㎏以内のブタのことです。

マイクロブタは、18㎏~40㎏の重さがあります。

マイクロブタは、中型犬くらいの大きさに育ちます。

成長するとマイクロブタといっても、大きくなるようですね。

普通のブタが100㎏以上、ミニブタが100㎏以内、
マイクロブタが
40㎏以内となります。

 

マイクロブタという品種があるわけではありません。

元は、イギリスで品種改良によって生まれたブタです。

ミニブタは、ヨーロッパを中心に流行していましたが、大人になると80㎏にもなり飼育放棄がありました。

そこで、ミニブタより小さなブタの開発が行われ、マイクロブタが生まれました。

 

 

マイクロブタの寿命は、10年~15年ほどになります。

犬や猫よりも、動物アレルギー症状が出にくいとされています。

マイクロブタは人懐っこく、トレーニングをすると、
トイレの場所を覚えたりします。

また、ジャンプやスピンなどの芸を覚える賢さがあります。

 

原宿の「mipig café」にいるマイクロブタは、
人懐こいためマイクロブタ自ら人に近づいてくるそうです。

人の膝の上に乗ってくることあるとのこと。

マイクロブタは、ペットとしてのポテンシャルが高いということですね。

 

 

マイクロブタの飼い方

マイクロブタの飼い方についてご紹介します。

・マイクロブタの購入方法

 

マイクロブタを購入できるところは限られています。

mipig」(マイピッグ)では、「社会性」を身につけたマイクロブタを、
虚勢避妊、マイクロチップを導入し、購入者へ引き渡しています。

受注繁殖をという形なので、予約から引き渡しまで、
1年から1年半かかるそうです。

また、ワクチン接種、アフターサポートも行っています。

動物の販売は、「対面説明」が義務付けられています。

インターネット購入はできません。

他には、兵庫県の「ハリネズミのお茶室」で販売されています。

最低限「虚勢・避妊」を行っている、
購入後も相談できるなど、
信頼できる業者から購入することが大切です。

マイクロブタの値段は、120万~40万円ほどです。

マイクロブタは法律上は家畜とされるため、
法律である「家畜伝染病予防法」が適用されます。

自治体によって、届出が必要になり、
飼育状況の報告義務があります。

 

 

・マイクロブタのエサ

 

マイクロブタに与えるエサは、ミニブタ専用エサにします。

その他、野菜、果物を適量あたえます。

ブタに与えることができる野菜は、
キャペツ、にんじん、小松菜、さつまいもなどがあります。

果物は、りんご、オレンジ、バナナがあります。

生のタマネギや、人間の食べ物は与えてはいけません。

 

 

・マイクロブタの手入れ

 

マイクロブタの手入れは、豚毛ブラシなどの、
固いブラシでブラッシングを行います。

汚れたら、ぬるま湯で濡らしてしぼったタオルで拭きましょう。

お風呂で、犬用のシャンプーを使い洗う方法もあります。

ブタの皮膚はデリケートなため、
たまに洗うくらいがちょうど良いです。

マイクロブタの足には、ひづめがあります。

ひづめが伸びすぎたら、ニッパーやヤスリを使い削ります。

マイクロブタが子供のころは、
人間用の爪切りでも切ることができます。

自分でひづめが切れない場合は、
動物病院で切ってもらいましょう。

 

 

・マイクロブタの生活

 

マイクロブタは、体温調節が苦手なので、
18℃25℃に室温を保つと良いです。

冬は、毛布やエアコンを使い冷やさないようにしましょう。

夏は、エアコンや、水浴び、泥浴びをさせると良いです。

マイクロブタは太りやすいので、散歩をさせるようにしましょう。

ハーネスとリードを使い散歩をすることがきます。

マイクロブタの好きな水浴びや泥浴びをさせて、
遊ばせることも大切です。

マイクロブタを入れておくケージを用意して、
留守の時はケージに入れる習慣を作りましょう。

トイレは、中型犬から大型犬のトイレとペットシーツがおすすめです。

 

 

マイクロブタカフェおすすめ3店

・mipig café 原宿(マイピッグカフェハラジュク)

  東京都渋谷区神宮前1-15-4

  原宿駅より徒歩5

  営業時間10002000

  事前予約制

  料金 最初の301,000円(別途ワンドリンク制600円~)

     個室プランは別途30分につき500

 

 

絵本「3びきのこぶた」のような世界観をイメージした、
ワラの家、木の家、レンガの家をモチーフにした個室が
3つと、
オープンエリアでマイクロブタと遊ぶことができます。

店舗HP https://mipig.cafe/

 

 

・mipig café 目黒店

 東京都目黒区目黒4-11-3

 目黒駅より徒歩15

 目黒駅より東急バス「元競馬場前」徒歩1

 営業時間10002000

 事前予約制

 料金 最初の30800円 以降30分につき500円(別途ワンドリンク制600円~)

    小学生以下は、無料(ワンドリンク制あり)

 

マイクロブタとゆっくり、ふれあえるリビングルームや、
屋根裏、バルコニーがあります。

 

店舗HP https://mipig.cafe/

 

・猫豚カフェPIGCAT ネコときどきブタ

 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町141-3アイランドコアⅡ4F

 営業時間11002000

 定休日 木曜日

 090-9808-8524

 料金 1人 1500円 

 

 女の子と、男の子のマイクロブタがいます。

 

 

 

まとめ

マイクロブタは可愛くて賢いので、
マイクロカフェに行ってみたいですよね。

マイクロブタは人懐こいので、
ペットとして飼う人も増えるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました