岡崎城で池の水ぜんぶ抜く大作戦!ロケ日は?過去のお宝は?

テレビ

2020年1月1日(水)17時55分からテレビ東京で放送される
「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」で岡崎城が舞台として登場します。

愛知県にある岡崎城には、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん、
ココリコ田中直樹さん、高嶋正伸さん、的場浩司さん、
大家志津香さん、鈴木奈々さんが駆けつけて、池の水を全部抜きます。

岡崎城の池の水をぜんぶ抜いたら、どんなお宝がでてくるのか楽しみですよね。

「池の水ぜんぶ抜く大作戦」と岡崎城について、
ロケ日と過去のお宝についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

池の水ぜんぶ抜く大作戦とは?

 

「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」は、
2017年からテレビ東京の「日曜ビッグバラエティ」枠で
不定期に放送されました。

 

特別番組として見たことがある人が多いでしょう。

2018年4月22日からは月に1回のペースで、
日曜日19:54~21:54に放送されています。

番組のコンセプトは
「危険生物に悩まされる近隣住民のSOSに出動し、
池の水を全部抜き、何が潜んでいるかを大調査する」です。

 

手順は、排水装置を使い、池の水を下水道や接続している
農業用水に流し、魚や生物を動けなくします。

 

そして、外来種の動物や、
特定外来生物を捕獲し駆除します。(一部は施設へ引き取りを行う)

 

数日から数ヶ月してから、綺麗な水を入れて完了します。

 

 

岡崎城とは?

 

岡崎城とは、三河国岡崎藩
(現在:愛知県岡崎市康生町)にあった城です。

 

徳川家康が生まれた城でもあります。

別名を「龍城」といいます。

 

建築された年は、室町時代の亭徳元年(1452年)です。
(亭徳4年説もあります)

築城主は、西郷稠頼・頼嗣です。

 

戦国時代から、安土桃山時代には、松平氏の持ち城でした。

江戸時代には、岡崎藩の藩庁でした。

 

岡崎城は、菅生川と矢作川が合流する所にある
龍頭山という丘陵に作られています。

元は、防御として築城されたものであり、
竜燈山城(りゅうとうざんじょう)と呼ばれていました。

それを松平清康が西郷信貞から奪い、
改修し拡張整備した城が岡崎城です。

 

1542年(天文11年)に、岡崎城で
竹千代(後の徳川家康)が生まれました。

 

その後、山田景隆、三浦義保、糟谷備前、松平元康、
松平信康、石川数正、本多重次らが城代となりました。

 

1590年(天正18年)には、豊臣家臣である田中吉政が、
城を拡張し、石垣や城壁を使用した近世城郭にしました。

 

そして、岡崎の郊外にあった東海道を岡崎城下町の中心に
通るようにして、「岡崎の二十七曲がり」といわれる
クランク場の道を作り、現在の岡崎城の原型を造りました。

1617年(元和3年)に、3重の天守が完成しました。

1873年(明治6年)に廃城令により、天守以下の建物が撤去されました。

1955年に、岡崎市観光協会の創立総会で、岡崎方再建運動の推進が決定しました。

1959年(昭和34年)に、鉄筋コンクリート造で、天守が再建されました。

1959年3月30日に完工式が行われ、4月5日に一般公開されました。

 

 

ロケ日は?

 

岡崎城の「池の水をぜんぶ抜く大作戦」のロケ日は、
ツイッターによると2019年12月22日です。

ツイッターによると、ロケ現場に遭遇した人もいるようです。

写真を見ると、ロケの撮影を見学している人もいたようです。


 

 

過去の実績

「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の、
過去に発見されたお宝の実績をご紹介します。

 

 

2019年12月1日に放送された

「超!超!超!緊急SOS“池の水ぜんぶ抜く
” 恐怖!日本の危険生物ぜーーんぶ出た出た!
全21320匹捕獲の瞬間 史上最大プロジェクト」

では、2万1320匹の外来種を捕獲しています。

 

別の放送では、利根川の下流域である
茨城県潮来市からもSOSがありました。

水に囲まれた水郷地帯で、水路は大切なものであったが、
外来種と不法投棄のゴミで酷い状態だったそうです。

ここでは「ブルーギル」「コウライギギ」など、
特定外来生物が6種、それぞれ何百・何千という数が捕獲されました。

「ダントウボウ」、「ライギョ」、「ハクレン」なども発見されました。

 

 

沖縄が舞台の放送回では、なまずが大量に見つかりました。

大阪では、1万2000匹を超える外来種と、銃が発見されました。

 

専門用語を使うと、「かいぼり」

池の水をすべて抜くことを「かいぼり」といいます。

「かいぼり」は、ため池の伝統的な管理手法の一つです。

農閑期にため池の水を抜き、底に貯まった泥を除き、
護岸の点検や補修を行います。

池の水質改善や、外来生物駆除の方法としても注目されています。

「かいぼり」をした結果、井の頭池で絶滅危惧種の
「イノカシラフラスコモ」の生育が60年ぶりに確認された例があります。

 

 

まとめ

1月1日に放送される「池の水をぜんぶ抜く」では、
どんな生物やお宝がでてくるのか楽しみですよね。

岡崎城では、キャストと、スタッフ、市長と
市民50人が一丸となって綺麗にしたそうです。

歴史のある岡崎城の池からは、
どんな魚がでてくるか想像もできませんが、
期待したいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました